龍和夢

平成29年3月末をもって解散

龍和夢トップ画像001
■団体正式名称:
   ろう和太鼓同好会 龍和夢

■団体紹介:
   「もう一度叩きたい」。

   一緒に和太鼓を叩いていたかつての同志が集い、その想いを叶えようと、
   たった4人だけで平成15年1月、龍和夢太鼓を設立しました。

   ”龍和夢”の由来は
   「龍」=聾(ろう)、
   「和」=心を一つ・仲間、
   「夢」=それぞれの夢(目標)に向かって進む、という意味を込めたものです。

   龍和夢太鼓の練習は、木やイスの背を叩くことからスタートしました。
   次に少ない資金でおんぼろの太鼓を手に入れ、黙々と稽古を積んでいきました。
   このように設立から2年間、龍和夢太鼓は日の目を見ることもありませんでしたが、試行錯誤しながらも、
   仲間を信じ、少しずつ腕を磨いていき、平成17年には念願の初演奏を果たしました。
   以後は歴史と文化に培われた地元・府中市に根ざした活動をしつつ、
   和太鼓を通じて聴覚障害者への理解を深めようと多方面での交流を図っています。

   現在ではメンバーは8人に増え(2012年1月現在)、耳が聴こえなくても、
   和太鼓を目・心・体で感じることが出来るよう、心を合わせながらも和気あいあいと練習に励んでいます。

   「もう一度叩きたい」。
    ・・・あの頃の純粋な気持ちを忘れずに、新しい風を取り入れながらも、
   これからも叩いて行きたいと思います。

■代表:
   岩渕 行雄

■事務局:
   竹中 彩

■連絡先:
   Mail:ryuwamu@yahoo.co.jp

■メンバー人数:
   6人(ろう者6人)

■ホームページ:
   http://www.geocities.jp/ryuwamu/